トップ > 企業系ニュース > チェジュ航空が元日航パイロットを採用

チェジュ航空が元日航パイロットを採用

韓国の格安航空会社(LCC)であるチェジュ航空が、会社更生手続きにより厳しい雇用調整を強いられている日本の大手航空会社である日本航空出身のパイロットを採用する考えを示しました。

現在も日本へ就航している同社ですが、成田空港をはじめとする今後の対日路線拡大の準備として、日本航空での実績を持つ人材を積極的に活用していきたい考えのようです。

元日本航空出身のパイロットのうち、すでに数名はチェジュ航空への採用内定が出されており、今後も保有機の拡大に伴い今年の後半、さらには来年以降も採用を続けていく予定です。

チェジ航空は日本をはじめとするアジア路線に就航中で、今後は5年間で機体の保有数を10機前後増やし、国際線を拡大していく考え。韓国と日本では成田線が2013年から航空自由化の対象となっており、日本路線にバランスを置いている同社としても、この成田線は重要視していることが明白です。

日本でもスカイマークが国際線参入の準備として日本航空出身のパイロットなどの大量採用を打ち出しており、チェジュ航空、スカイマークともに、優秀な人材確保に向けた動きが活発化しそうです。

企業系ニュース

前の記事 | 次の記事

関連記事